range

ITパスポート試験は、「ストラテジ系」「マネジメント系」「テクノロジ系」の3つの分野から幅広く出題されます。
出題形式は四肢択一で100問出題されます。

試験内容

試験時間165分
出題数100問
小問 : 84問
中問 : 16問(1中問につき4小問出題)
出題形式四肢択一式
出題分野ストラテジ系(経営全般) : 35問程度
マネジメント系(IT管理) : 25問程度
テクノロジ系(IT技術) : 45問程度
合格基準総合評価点、分野別評価点のすべてが次の基準を満たすこと

・総合評価点  600点以上/1,000点(総合評価の満点)
・分野別評価点
 ストラテジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
 マネジメント系 300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
 テクノロジ系  300点以上/1,000点(分野別評価の満点)
採点方式IRT(Item Response Theory:項目応答理論)に基づいて解答結果から評価点を算出
総合評価は92問で、分野別評価はストラテジ系32問、マネジメント系18問、テクノロジ系42問で行われます。残り8問は今後のITパスポート試験で出題する問題を評価するために使われ、合否には影響しません。

※平成26年5月7日以降の試験から、分野別出題数が変更されました。
 詳細はIPAのサイトにてご覧ください。

ITパスポート試験の合格基準は、「総合評価点の満点の60%以上、かつ各分野別評価点の満点の30%以上であること」となっていますので、どの分野もバランスよく学習する必要があります。

出題範囲

ストラテジ系の出題範囲

ストラテジは、直訳すると「戦略」という意味です。
財務、法務、経営戦略など経営全般に関する基本的な知識が出題されます。

分野大分類中分類
ストラテジ系(経営全般)企業と法務企業活動
法務
経営戦略経営戦略マネジメント
技術戦略マネジメント
ビジネスインダストリ
システム戦略システム戦略
システム企画

マネジメント系の出題範囲

システム開発技術やプロジェクトマネジメントなどIT管理に関する基本的な知識が出題されます。

分野大分類中分類
マネジメント系(IT管理)開発技術システム開発技術
ソフトウェア開発管理技術
プロジェクトマネジメントプロジェクトマネジメント
サービスマネジメントサービスマネジメント
システム監査

テクノロジ系の出題範囲

ネットワーク、セキュリティ、データベースなどIT技術に関する基本的な知識が出題されます。

分野大分類中分類
テクノロジ系(IT技術)基礎理論基礎理論
アルゴリズムとプログラミング
コンピュータシステムコンピュータ構成要素
システム構成要素
ソフトウェア
ハードウェア
技術要素ヒューマンインタフェース
マルチメディア
データベース
ネットワーク
セキュリティ

サンプル問題

ストラテジ系の例題

問1 システム開発などを行うために、必要な技術や経験の保有者を各部署から選抜して適宜構成する組織はどれか。

  • 事業部制組織
  • 職能別組織
  • プロジェクト組織
  • マトリックス組織
  • 解答を見る
    正解:ウ

    マネジメント系の例題

    問33 ソフトウェア開発の流れの中で、要件定義、システム設計、プログラミング、テストの手順を情報システム部門が実施する場合、利用部門のかかわりを最も必要とするものはどれか。

  • 要件定義
  • システム設計
  • プログラミング
  • 単体テスト
  • 解答を見る
    正解:ア

    テクノロジ系の例題

    問49 2 進数 1111 と 2 進数 101 を加算した結果の 2 進数はどれか。

  • 1111
  • 1212
  • 10000
  • 10100
  • 解答を見る
    正解:エ

    ※ITパスポート試験 サンプル問題はIPAにて公開されている「情報処理技術者試験 新試験制度の手引」に掲載されています。