プログラムテストに関する記述として、適切なものはどれか。

  • ソフトウェアの品質は、設計段階で向上させるよりもテスト段階で保証したほうがよい。
  • テスト完了後のプログラムを修正した場合、修正部分を確認するテストデータを確認済みのテストデータに追加して再テストを行う方がよい。
  • テストの目的はプログラムが正常に稼動することの確認なので、プログラムにエラーを起こさせるテストデータを含めない方がよい。
  • プログラムの作成者が、テストケースを設計してテストをする方がよい。
  • 解答を見る
    正解:イ