ソフトウェア開発プロセスを“要件定義”、“システム設計”、“プログラミング”、“テスト”の各工程に区切って、この順に進める手法の長所はどれか。

  • 開発工程はどの時点でも、ソフトウェアの仕様変更に柔軟に対応できる。
  • 開発の進捗状況の把握が容易である。
  • 上流工程におけるレビューの工程が少なくて済む。
  • 利用者が、開発の早い時期にソフトウェアを試用できる。
  • 解答を見る
    正解:イ