OSI基本参照モデルの7つの階層の覚え方です。

アプセトネデブ

・ア … アプリケーション層
・プ … プレゼンテーション層
・セ … セッション層
・ト … トランスポート層
・ネ … ネットワーク層
・デ … データリンク層
・ブ … 物理層

【説明】
OSI基本参照モデルとは、コンピュータの持つべき通信機能を階層構造に分割したモデルのことです。

「アプセトネデブ」は先頭の文字を並べただけなので、全く意味はありません!
情報処理試験では基本中の基本ですので、呪文のように唱えて確実に暗記しましょう。

層の名称説明
第7層アプリケーション層ファイル転送や電子メールの送受信などアプリケーションが提供する通信サービス
第6層プレゼンテーション層データ形式の変換などを行う
第5層セッション層データ伝送時の同期制御などを行う
第4層トランスポート層データ伝送路の提供、誤り制御方式を行うなどを行う
第3層ネットワーク層データ伝送路の選択などを行う
第2層データリンク層隣接機器間の伝送制御方式を規定する。
第1層物理層ケーブルなど物理的な接続を利用して、データ伝送方式を規定する。