何回でも受験できます。
合否の結果だけではなく、試験結果レポートから総合評価と分野別評価がわかるので、自身の弱点を把握することが可能です。
合格後も繰り返し受験できますので、さらに点数アップを図ることも可能です。