1 / 812345678

ITパスポート試験 H21 春 問1

コンプライアンス経営を説明したものはどれか。

  • 株主に対して企業活動の正当性を保持するために, 経営管理が適切に行われているかどうかを監視し, 点検する。
  • 株主やそのほかの利害関係者に対して, 経営活動の内容, 実績に関する説明責任を負う。
  • 企業倫理に基づき, ルール, マニュアル, チェックシステムなどを整備し, 法令や社会規範を遵守した企業活動を行う。
  • 投資家やアナリストに対して, 投資判断に必要な正確な経営情報を適時に, かつ継続して提供する。
  • 解答を見る
    正解:ウ

    ITパスポート試験 H21 春 問2

    個人情報保護法において, “個人情報”の対象となるものはどれか。

  • 企業の名称, 電話番号, 住所など, 特定の企業が識別できる情報
  • 記名方式で取得したアンケートから, 回答だけを集計して作成した報告書
  • 氏名, 生年月日, 住所が記入された顧客台帳
  • 年代別顧客の人数分布と売上金額が表示された表
  • 解答を見る
    正解:ウ

    ITパスポート試験 H21 春 問3

    システム開発に関するRFP (Request For Proposal)の提示元及び提示先として, 適切なものはどれか。

  • 情報システム部門からCIOに提示する。
  • 情報システム部門からベンダに提示する。
  • 情報システム部門から利用部門に提示する。
  • ベンダからCIOに提示する。
  • 解答を見る
    正解:イ

    ITパスポート試験 H21 春 問4

    個人情報に該当しないものはどれか。

  • 50音別電話帳に記載されている氏名, 住所, 電話番号
  • 自社の従業員の氏名, 住所が記載された住所録
  • 社員コードだけで構成され, 他の情報と容易に照合できない社員リスト
  • 防犯カメラに記録された, 個人が識別できる映像
  • 解答を見る
    正解:ウ

    ITパスポート試験 H21 春 問6

    SaaSを説明したものはどれか。

  • コンピュータ設備の利用をサービスとして提供し, 使用料を課金する。
  • 情報システム部門の機能の一部を受託し, 業務委託料を課金する。
  • ソストウェアの機能を複数の企業にインターネット経由でサービスとして提供し, 使用料を課金する。
  • ソフトウェアをダウンロードさせる対価としてライセンス料を課金する。
  • 解答を見る
    正解:エ

    ITパスポート試験 H21 春 問7

    いずれも時価 100 円の四つの株式があり, そのうちの一つに投資したい。経済の成長が高成長, 中成長, 低成長の場合, それぞれの株式の予想値上がり幅が表のとおりであるとき, 値上がり幅の期待値が最も高い株式はどれか。ここで, 高成長, 中成長, 低成長になる確率はそれぞれ 0.4, 0.4, 0.2 であり, 経済が成長しない場合は考えないものとする。

    IP H21 春 問7

    解答を見る
    正解:イ

    ITパスポート試験 H21 春 問8

    POSシステムなどで商品を一意に識別するために, バーコードとして商品に印刷されたコードはどれか。

  • JAN
  • JAS
  • JIS
  • QR
  • 解答を見る
    正解:ア

    ITパスポート試験 H21 春 問9

    不正競争防止法の営業秘密に該当するものはどれか。

  • インターネットで公開されている技術情報を印刷し, 部外秘と表示してファイリングした資料
  • 限定された社員の管理下にあり, 施錠した書庫に保管している, 自社に関する不正取引の記録
  • 社外秘としての管理の有無にかかわらず, 秘密保持義務を含んだ就業規則に従って勤務する社員が取り扱う書類
  • 秘密保持契約を締結した下請業者に対し, 部外者と表示して開示したシステム設計書
  • 解答を見る
    正解:エ

    ITパスポート試験 H21 春 問10

    プロダクトポートフォリオマネジメントでは, 縦軸に市場成長率, 横軸に市場占有率をとったマトリックス図を四つの象限に区分し, 製品の市場における位置付けを分析して資源配分を検討する。四つの象限のうち, 市場成長率は低いが市場成長率を高く保っている製品の位置付けはどれか。

  • 金のなる木
  • 花形製品
  • 負け犬
  • 問題児
  • 解答を見る
    正解:ア

    ITパスポート試験 H21 春 問12

    サプライチェーンマネジメントの効果はどれか。

  • 小売店舗などの商品の販売情報を即時に知ることができる。
  • 知識や知見をデータベース化し, ビジネス上で効果的に活用できる。
  • 調達から製造, 物流, 販売までの一連のプロセスを改善し, 納期, コストの最適化を図ることができる。
  • 電話, FAX, 電子メールなど多様な手段による顧客からの各種問合せに対し, 即時に対応することができる。
  • 解答を見る
    正解:ウ

    1 / 812345678