書店に行くとITパスポート試験に関するテキストや問題集がたくさん出揃っていますので、きちんと勉強すれば独学で取得することは十分可能です。

とはいえ、ITパスポート試験の合格率は約40%ですので、受験者の半分以上が不合格となっています。このことから、誰もが確実に独学で取得できる試験ではないと推測できます。

独学の場合、市販のテキストや問題集を買って学習する人が多いと思います。
低予算で費用があまりかからないですが、これはメリットでもあり、デメリットでもあります。

低予算、かついつでも受験できる試験なので、人間の心理として「また後で頑張ろう…」と引き伸ばしにして、最終的に挫折する人が多いようです。
 
一方、通信講座は独学よりも予算はかかりますが、人間の心理として「何としても試験に合格したい!」という目的意識が高ますし、プロの講師に教えてもらいながら受験を目指すほうが、お金や時間はかかっても絶対に近道になるのです。
フォローサービスが充実しているのも通信講座の魅力のひとつです。
例えば、試験に関する疑問や不明点をいつでも質問することができるサービスなどがあります。

通信講座にするか悩んでいる方は、インターネットを使って無料で資料を請求することができますので、一度資料を請求して検討してみることをオススメします!

自分に合った学習スタイルを選択することがべスト!