ITに携わる職業人に共通的に求められる基礎知識を問う「ITパスポート試験」よりも、主として部門の情報化推進者として備えているべき知識・技能を問う「初級システムアドミニストレータ試験」の方が高いレベルの知識を要求されます。

初級シスアドに合格していればITパスポート試験の合格水準に達していると言えますので、既に初級シスアドを取得されている方は、基本情報技術者もしくは上位の資格に挑戦することをオススメします。